今話題のHMBサプリの効果を徹底検証

TOP » HMBとは » 種類

種類

HMBサプリの種類とは

HMBサプリにはタブレット、粉末、ドリンクなどのタイプがあります。それぞれの特徴やメリット・デメリットをご紹介します。

飲みやすいタブレット

タブレットは一般的なサプリに多い粒状の錠剤です。メリットとしては水といっしょに飲み込んでしまうので味やニオイがそれほど気にならない点と、ケースなどに入れて持ち運びができる点です。どこでも手軽に飲めるのも良いですね。

デメリットとしては粒が大きい場合は飲みにくい点です。特に喉に引っかかってしまうと吐き気がしたり、実際に嘔吐してしまう可能性もあるので、特に粒の大きさは事前にチェックしておくと良いかと思います。

コスパが良い粉末タイプ

粉末タイプは水などに溶かして飲みます。サプリというよりはプロテインをイメージしたほうがわかりやすいかと思います。サプリと比較するとコストが安いのがメリットで、お値段的にも続けやすいです。

デメリットとしてはHMB特有の味やニオイが気になる点。商品によってはオレンジやグレープフルーツの味付けがされていて飲みやすく作られているものもあるのですが、HMBの粉末をそのまま飲むと味やニオイにクセがあって不味いと感じるかと思います。

どうしても味やニオイが気になるようでしたら、ジュースで割って飲むのがおすすめです。

飲みやすいドリンクタイプ

タブレットや粉末と比べると少数ですが、ドリンクタイプのHMBもあります。最近では「ダイエットコーヒー」としてHMBが配合されたコーヒーも販売されています。タブレットや粉末と違って飲みやすく、楽しみながらダイエットをすることも可能です。

一方でタブレットや粉末タイプよりもコストが高いというデメリットもあります。

自分に合ったタイプを選ぼう

HMBサプリにはいろいろなタイプがあり、それぞれ飲みやすさやコストなどメリット・デメリットがあります。継続的かつ効率的に筋力アップを目指すために、何を重視するのか考えたうえで選んでください。

メタルマッスルHMB

筋肉アップ成分で選ぶなら

メタルマッスルHMB

筋肉アップサポート成分

  • BCAA
  • グルタミン
  • クレアチン

その他の有効成分10種類

初回価格:500円
HMB含有量:1,600mg

公式サイトをチェック
シックスパッドHMB

飲みやすさで選ぶなら

シックスパッドHMB

筋肉アップサポート成分

  • BCAA
  • グルタミン
  • クレアチン

1日の摂取量3

初回価格:5,940円
HMB含有量:1,200mg

公式サイトをチェック
ビルドマッスルHMB

カロリー量で選ぶなら

ビルドマッスルHMB

筋肉アップサポート成分

  • BCAA
  • グルタミン
  • クレアチン

1日あたり4kcal

初回価格:500円
HMB含有量:1,500mg

公式サイトをチェック

※表記はHMB含有量となります(表記がHMBカルシウムの場合、配合量に0.8をかけることでHMBの量がわかります)

↑

【免責事項】このサイトは、2017年9月時点での情報をもとに作成しております。各商品の価格や販売状況については公式サイトをご確認ください。